2015年4月1日水曜日

vmware.logが"can't open 'vmware.log': Device or resource busy"でコピーや閲覧ができない

ESXi Shellにログインして仮想マシンがパワーオンの状態のvmware.logをcatで見ようとしても、以下エラーが出力され閲覧でいないことがある。

   can't open 'vmware.log': Device or resource busy

仮想マシンパワーオフであれば当たり前のように見ることができる。パワーオンの仮想マシンであっても、vmware.logを閲覧する回避策(という程のものでも無い)を記載する。

vSphere Clientのデータストアブラウザからダウロードする

最も手っ取り早い方法はvSphere Clientにログインし、データストアブラウザ使って端末にvmware.logをダウンロードする方法。ダウンロードはパワーオンの仮想マシンでも実施可能だし、ログは端末のエディタ等で見れる。通常はこの方法で実施すれば問題ない。

仮想マシンが稼働するESXiのShellにログインして閲覧する

VMware環境の場合、1つのデータストアを複数のESXサーバーにてマウントして利用することが普通なので、どのESXサーバーからも仮想マシンのファイルにアクセスができてしまう。しかし、現在出力中のvmware.logは、その仮想マシンが稼働しているESXにてロックされているため、他ESXサーバーからアクセスするとエラーが出る。

なので、対象の仮想マシンが稼働しているESXiにログインすれば、vmware.logを閲覧することはできる。