2020年2月19日水曜日

エキサイト光 → ドコモ光 + GMOとくとくBBに乗り換えた際のメリット・デメリット

自宅のインターネット回線は、光コラボの中で最安値という理由で、ずっとエキサイト光を使ってきていたのだが、ドコモケータイのプランを変更するタイミングでドコモ光 + GMOとくとくBB(以下GMOとくとくBBと記載)の組み合わせに乗り換えることにした。

ドコモ光に変更するメリット・デメリットと、回線変更前後の通信速度の違いについて記載する。

メリット

ドコモ携帯を使っていて、かつ家族など含め2回線以上ある場合は、ドコモ光が最安値になる。以下に簡単にまとめた料金比較を記載する。
回線 料金
エキサイト光 3,360円(税抜)
GMOとくとくBB 4,000円(税抜)
その他エキサイト光にはないメリットとしては以下となる。
  • ドコモ携帯料金が最大1,000円割引(通信量3GB以上利用時)。家族もドコモ携帯利用の場合は、家族の携帯料金も同様に割引される。ただし、通信量が1GB未満の場合は割引されない。常に1,000円割引されるものではないので注意。
  • キャッシュバックがある。私が申し込んだ際は20,000円のキャッシュバックと、5,000ポイントのドコモポイントがもらえるらしい。ただし、キャッシュバック受領は11ヶ月後、ドコモポイント付与は翌々月となる。
  • 3種類から選べるv6プラス対応のルーター(BUFFALO製、NEC製、ELECOM製)が無料でレンタル可能。
  • 上記ルーターでv6プラスによる接続ができ、安定した速度でインターネット通信ができる。
  • メールアドレスが付いてくる(今はGmailなど便利な無料のメールがあるのでメリットとしては小さいが)。

デメリット

従来のPPPoEを用いたインターネット接続をした場合、GMOとくとくBBはエキサイト光と比較すると、混雑時の速度低下が非常に大きい。例えば、日曜22:00頃の下り速度はわずか18Mbpsになってしまっている。


スマホなどを使っていても、明らかに通信が遅いと体感できるレベルになっている。エキサイト光を利用している際は、特にこのようなことはなかった。

したがって、GMOとくとくBBでは、v6プラス対応ルーターによる接続が必須と考えてよいだろう。v6プラスでは、以下の通り爆速である。
  • 下り通信 : 250~300Mbps
  • 上り通信 : 700~750Mbps


また、v6プラスにすると、以下2点デメリットがある。
  • IPv4接続(PPPoE)ができなくなる
  • 外部からアクセスする際に任意のポート番号が使えなくなる
私はVPN接続やNASへの接続を外部からできるようにしていたため影響を受けたのだが、決められたポート番号であれば利用可のであるため、接続ポート番号を変更することで対処できた。ポート番号を変更しても利用できるサービスであれば影響を受けないが、一部オンラインゲームなどでは影響を受けるようなので注意が必要だ。

なお、利用可能なポート番号はルーターの設定から確認できる。


通信速度

最後にエキサイト光からGMOとくとくBBに切り替えた際の、通信速度の比較を記載する。通信速度の測定は「https://selectra.jp/telecom/guides/process/speed-test」にて実施した。
回線 下り (Mbps) 上り (Mbps)
エキサイト光 185.3 91.6
GMOとくとくBB(v4) 372.9 389.9
GMOとくとくBB(v4)※混雑時 18.3 271.3
GMOとくとくBB(v6) 274.7 726.0

2020年2月12日水曜日

OSでVLANタグ付きで通信させる設定方法(RHEL編)

前回、Windows ServerにおけるVLANタグ付きでの通信設定方法を記載した。

★前回の記事はこちら↓
OSでVLANタグ付きで通信させる設定方法(Windows Server編)
https://tech-mmmm.blogspot.com/2020/02/osvlanwindows-server.html?m=1

今回はRed Hat Enterprise LInux 8.0(RHEL 8.0)におけるVLANタグ付きの通信設定方法を記載する。

環境

環境は前回と同様となる。VLANによる通信が可能なスイッチに2台のESXiを接続し、それぞれのESXiにVLANタグ付きの通信を行う仮想マシンを配置する。

以下に物理的な接続と論理的な接続を図示したものを記載する。物理的には1本のケーブルとなるが、2つのVLANで論理的にネットワーク分割を行う。使用するVLAN IDは1011と1055とする。


ハイパーバイザーの設定(ESXi)

こちらはWindowsでもRHELでも手順は変わらないため、前回の記事を参照いただきたい。

★前回の記事はこちら↓
あああ

OSにてVLANインターフェースを作成

  1. 作業は「NetworkManager TUI」にて行う。SSHでOSにログインし、nmtuiを実行し、「NetworkManager TUI」を開く。
  2. メニューの一番上の「接続の編集」にカーソルを移動させEnterキーで選択する。

  3. 左側のインターフェース一覧からVLAN通信を行いたいインターフェースを上下キーで選択し、右キーを押して「追加」にカーソルを移動させEnterキーで選択する。今回はens224を選択した。
  4. 接続タイプのリストが表示されるため、「VLAN」を選択する。

  5. デフォルトでは「VLAN 接続 1」といったプロファイル名になるが、すべて削除し、<インターフェース名>.<VLAN ID>といったプロファイル名に変更する。
  6. 上記プロファイル名に変更すると、以下図のように自動で「デバイス」、「親」、「VLAN id」が設定される。ちなみに、クローンのMACアドレスやMTUは通常設定しなくても問題なく通信できる。

  7. あとは、通常のインターフェースと同様、IPv4のアドレスを設定すれば完了となる。

  8. 「NetworkManager TUI」を終了し、コマンドでインターフェースの設定内容を確認する。物理NICと同じMACアドレスで、VLANインターフェースが作成されていることがわかる。
# ip a show dev ens224
3: ens224: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:5a:a4:c1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

# ip a show type vlan
5: ens224.1011@ens224: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:5a:a4:c1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.11.201/24 brd 192.168.11.255 scope global noprefixroute ens224.1011
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::20c:29ff:fe5a:a4c1/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
6: ens224.1055@ens224: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:5a:a4:c1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.55.201/24 brd 192.168.55.255 scope global noprefixroute ens224.1055
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::20c:29ff:fe5a:a4c1/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
  1. 以上で設定は完了となる。試しにPing疎通を確認すると、2つのVLAN IDのIPアドレスを利用して疎通確認をすることができた。
# ping 192.168.11.200
PING 192.168.11.200 (192.168.11.200) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.11.200: icmp_seq=1 ttl=128 time=0.166 ms
64 bytes from 192.168.11.200: icmp_seq=2 ttl=128 time=0.150 ms
^C
--- 192.168.11.200 ping statistics ---
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 39ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.150/0.158/0.166/0.008 ms

# ping 192.168.55.200
PING 192.168.55.200 (192.168.55.200) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.55.200: icmp_seq=1 ttl=128 time=0.221 ms
64 bytes from 192.168.55.200: icmp_seq=2 ttl=128 time=0.185 ms
^C
--- 192.168.55.200 ping statistics ---
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 16ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.185/0.203/0.221/0.018 ms

2020年2月5日水曜日

OSでVLANタグ付きで通信させる設定方法(Windows Server編)

vSphereなどの仮想環境の場合は、通常ハイパーバイザーの仮想スイッチの機能でVLANタグを処理するため、通常サーバにてVLANタグ付きで通信させることはない。

ただし、仮想マシンに作成できるNICには上限があり(例えば、vSphereでは最大10)、それ以上の数のNICを仮想マシンに付与したい場合は、OSの機能にてVLANタグの設定を行い通信をさせることになる。

今回は、Windows Server 2016以降のOSにてVLANタグ付きの通信を行う設定を検証してみた。

環境

VLANによる通信が可能なスイッチに2台のESXiを接続し、それぞれのESXiにVLANタグ付きの通信を行う仮想マシンを配置する。

以下に物理的な接続と論理的な接続を図示したものを記載する。物理的には1本のケーブルとなるが、VLAN ID1011と1055の2つのVLANで論理的にネットワーク分割を行う。


ハイパーバイザーの設定(ESXi)

ESXiの仮想スイッチにてVLAN IDを4095で設定したポートグループ作成する。
  • 0 : VLANタグなし
  • 1-4094 : 仮想スイッチにてVLANタグを付与
  • 4095 : OSにてVLANタグを付与


OSにてVLANインターフェースを作成

  1. 「サーバーマネージャー」→「ローカルサーバー」にて、「NICチーミング」の「無効」の文字を選択する。


  2. 「NICチーミング」の左側の「タスク」から「チームの新規作成」を選択する。


  3. ここでチームインターフェースを「Team1」という名前として作成することにする。しかし、仮想マシンの場合、デフォルトの設定では以下メッセージが表示され作成に失敗する。
    The only valid LoadBalancingAlgorithms in a Virtual Machine are ‘TransportPorts’, ‘IPAddresses’, and ‘MacAddresses’



    要約すると、仮想マシンの場合は負荷分散モードに「動的」は設定できない旨のメッセージとなる。したがって、負荷分散モードを「アドレスのハッシュ」に設定することで対応する。

  1. 「チームインターフェース」タブにて、作成したチームインターフェースを右クリックし、「プロパティ」を選択する。



  2. 「VLANメンバーシップ」の欄にて「特定のVLAN」を選び、VLAN IDを入力し、「OK]を選択する。インターフェース名は自動で「Team1 - VLAN 1011」といったように、VLAN IDの名前が付与される。



  3. VLANを追加する場合は、チームインターフェースを選択した状態で、右側の「タスク」から「インターフェイスの追加」を選択する。



  4. 先ほどと同様に「VLANメンバーシップ」の欄にて「特定のVLAN」を選び、VLAN IDを入力する。



  5. ネットワークアダプタを確認すると、以下の3つのアダプタが作成されているはずだ。VLAN 1011とVLAN 1055のNICに通常のインターフェースと同様にIPアドレスやサブネットマスクを設定する。
    • Team1
    • Team1 - VLAN 1011
    • Team1 - VLAN 1055



  6. 以上で設定は完了となる。試しにPing疎通を確認すると、2つのVLAN IDのIPアドレスを利用して疎通確認をすることができた。



2020年1月29日水曜日

Windows ServerにOneDriveをインストールしてみた

Windows 10に標準で搭載されるOneDriveというクラウド上のオンラインストレージサービスがあるが、これをWindows 10以外の環境でも使えないのだろうかと思いついたことが事の発端となる。

具体的にはWindows ServerでOneDriveは使えないかものかと考え調べたところ、特に問題なく使えそうだったので、実際にインストールして確認してみた。
※今回はWindows Server 2019に対してインストールしてみた。

ダウンロード

以下URLを開き「ここをクリックしてダウンロードします。」をクリックすることでインストーラをダウンロードできる。



インストーラはOneDriveSetup.exeという名前でダウロードされる。

なお、インストーラはオンラインインストーラとなるため、インストール作業はインターネット接続可能な状態で実施する必要がある。そもそもOneDrive自体がインターネット接続できないと使用できないので問題はないとは思うが、注意すること。

インストール

  1. ダウンロードしたインストーラを実行すれば、それだけでインストールが実施される。




    インストールされるとコントロールパネルの「プログラムと機能」でもOneDriveが表示されることを確認できる。

  2. インストール後、右下のタスクトレイにOneDriveのアイコンが表示されるようになるのでクリックする。

  3. まだサインインしていないので「OneDriveが接続されていません」と表示される。サインインボタンをクリックする。


  4. OneDriveを使用するMicrosoftアカウントのメールアドレスを入力する。


  5. パスワードを入力する。


  6. OneDriveフォルダーはデフォルトのままにする。


  7. 「OneDriveのプレミアム機能」は使わないので「後で」をクリックする。


  8. 「OneDriveへようこそ」の画面では、ひたすら「>」を選択して表示させる。


  9. 最後に「準備が整いました。」と表示されるので、これでインストールが完了となる。


  10. 実際にOneDriveのフォルダを確認すると、OneDriveに保存されているファイルやフォルダを問題なく閲覧できた。


以上でインストール作業は完了となる。

2020年1月15日水曜日

EdgeRouter X (ER-X)のファームウェアバージョンアップ手順

先日購入したEdgeRouter X (ER-X)だが、新しいファームウェアがリリースされていたので、ファームウェアバージョンアップを実施してみた。



ファームウェアダウンロードURL

ファームウェアは以下URLからダウンロードできる。2020年1月時点では、数か月に1回は新しいバージョンがリリースされているようだ。
今回は「EdgeRouter ER-X/ER-X-SFP/EP-R6/ER-10X: Firmware v2.0.8」にバージョンアップすることにする。



バージョンアップ用のファイルは「ER-e50.v2.0.8.5247496.tar」といったtar形式のファイルでダウンロードでき、このバージョンの場合は80MB程度の容量となる。tarのまま利用するため、特に解凍する必要はない。

バージョンアップ手順

バージョンアップは管理GUIから行うが、一部CLIからの作業も必要になる。
  1. GUIにログインし、画面下部の「System」タブをクリックする。

  2. 「Upgrade System Image」にある「Upload a file」ボタンをクリックする。


  3. ダウンロードしたtarファイルを選択する。


  4. しばらくすると以下のダイアログボックスにエラーメッセージが表示される。
[System Upgrade Failed]
There wes an error upgrading the system.


このメッセージが表示されたとしても、アップグレードは成功しているパターンがあるので、以降はCLIで確認する。
  1. 現在のバージョンを確認すると、v2.0.4となっている。
$ show version
Version:      v2.0.4
Build ID:     5199165
Build on:     06/05/19 15:49
Copyright:    2012-2018 Ubiquiti Networks, Inc.
HW model:     EdgeRouter X 5-Port
HW S/N:       18E8292F820C
Uptime:       22:38:16 up 3 days, 38 min,  1 user,  load average: 1.21, 1.11, 1.03
ストレージ容量を確認してみると、「/」の空き容量が56.4MBとなっている。空き容量がバージョンアップ用ファイルの80MBより少ないことが、失敗メッセージの原因なのかもしれない。
$ show system storage
Filesystem                Size      Used Available Use% Mounted on
ubi0_0                  214.9M    153.8M     56.4M  73% /root.dev
overlay                 214.9M    153.8M     56.4M  73% /
devtmpfs                123.0M         0    123.0M   0% /dev
tmpfs                   123.7M         0    123.7M   0% /dev/shm
tmpfs                   123.7M      1.8M    121.9M   1% /run
tmpfs                     5.0M         0      5.0M   0% /run/lock
tmpfs                   123.7M         0    123.7M   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs                   123.7M      4.0K    123.7M   0% /tmp
tmpfs                   123.7M     68.0K    123.6M   0% /var/log
tmpfs                   123.7M         0    123.7M   0% /run/shm
tmpfs                   123.7M         0    123.7M   0% /lib/init/rw
none                    123.7M    104.0K    123.6M   0% /opt/vyatta/config
overlay                 123.7M      4.0K    123.7M   0% /opt/vyatta/config/tmp/new_config_94812a33023843b680924b175f4b863d
tmpfs                    24.7M         0     24.7M   0% /run/user/1000
バージョンアップ用のファイルのアップロード状況は以下で確認できる。どうやら今回対象となるv2.0.8のファイルはアップロードできているようだ。
$ show system image storage
Image name                        Read-Only   Read-Write        Total
------------------------------ ------------ ------------ ------------
v2.0.8.5247496.191120.1124            80512           48        80560
v2.0.4.5199165.190605.1549            79756          168        79924
  1. 不要なバージョンアップ用のファイルを削除を試みると、「System has already been upgraded and needs a reboot before upgrade」と、すでにアップグレードされているので再起動せよとのメッセージが表示される。
$ delete system image
System has already been upgraded and needs a reboot before upgrade
  1. ER-Xを再起動する。
$ reboot
  1. 再起動後、再度バージョンを確認するとv2.0.8に上がっていることが確認できる。
$ show version
Version:      v2.0.8
Build ID:     5247496
Build on:     11/20/19 11:24
Copyright:    2012-2019 Ubiquiti Networks, Inc.
HW model:     EdgeRouter X 5-Port
HW S/N:       18E8292F820C
Uptime:       19:15:15 up 1 min,  1 user,  load average: 1.49, 0.52, 0.19
  1. 先ほど削除できなかった不要なバージョンアップ用ファイルも削除することができる。今回は前回バージョンとなるv2.0.4を削除した。
$ delete system image
The system currently has the following image(s) installed:

v2.0.8.5247496.191120.1124     (running image) (default boot)
v2.0.4.5199165.190605.1549

You are about to delete image [v2.0.4.5199165.190605.1549]
Are you sure you want to delete ? (Yes/No) [Yes]: yes
Removing old image... Done
削除すると、「/」の空き容量が133.3MBとなり、バージョンアップ用ファイルが再度アップロード可能となる。
$ show system image storage
Image name                        Read-Only   Read-Write        Total
------------------------------ ------------ ------------ ------------
v2.0.8.5247496.191120.1124            80512          160        80672

$ show system storage
Filesystem                Size      Used Available Use% Mounted on
ubi0_0                  214.9M     76.9M    133.3M  37% /root.dev
overlay                 214.9M     76.9M    133.3M  37% /
devtmpfs                123.0M         0    123.0M   0% /dev
tmpfs                   123.6M         0    123.6M   0% /dev/shm
tmpfs                   123.6M      1.3M    122.4M   1% /run
tmpfs                     5.0M         0      5.0M   0% /run/lock
tmpfs                   123.6M         0    123.6M   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs                   123.6M      4.0K    123.6M   0% /tmp
tmpfs                   123.6M     56.0K    123.6M   0% /var/log
tmpfs                   123.6M         0    123.6M   0% /lib/init/rw
tmpfs                   123.6M         0    123.6M   0% /run/shm
none                    123.6M    104.0K    123.5M   0% /opt/vyatta/config
tmpfs                    24.7M         0     24.7M   0% /run/user/1000

以上でバージョンアップ作業は完了となる。

人気の投稿