2015年2月9日月曜日

「OVFパッケージのデプロイに失敗しました」のメッセージに対する対処方法

OVFテンプレートのエクスポートを実施して、いざインポートしようとすると以下ポップアップが出て失敗することがある。
OVFパッケージのデプロイに失敗しました: ファイルds:///vmfs/volumes/~/_deviceImage-0.isoが見つかりませんでした
これは、仮想CDドライブにISO等をマウントしたままエクスポートを実施してしまうと発生する事象となる。仮想CDをアンマウントしてもう1回OVFテンプレートのエクスポートを実施すれば良いがエクスポートの時間が無駄となるので、以下に対処方法を記載する。

対処方法

①予め拡張子.ovfと.mfのファイルをバックアップ取っておく。.ovfのファイルは仮想マシンの構成情報を格納するテキストファイルで、.mfはマニフェストファイルと呼ばれるファイルのハッシュ値が記載されたテキストファイル。

②.ovfファイルにて以下行を探す。
<rasd:ResourceSubType>vmware.cdrom.iso</rasd:ResourceSubType>
上記を以下に修正(VMware KBではremotepassthroughだが、remoteatapiでも成功する。
<rasd:ResourceSubType>vmware.cdrom.remotepassthrough</rasd:ResourceSubType>
または
<rasd:ResourceSubType>vmware.cdrom.remoteatapi</rasd:ResourceSubType>

③.mfの2行目の値を先ほど修正が加わった.ovfファイルに対してSHA-1を計算し直した内容にて書き直す。
SHA1(VirtualMachine.vmdk)= 9ca7dd6da78a6f58ab5ace56b0f93deb9b6e8b75
SHA1(VirtualMachine.ovf)= d38a9fb157fe0130a0a1808d525b7ee8f51161fd ←これを書き直す
SHA-1の計算はフリーソフトでも良いし、MicrosoftからもFCIVなるツールが更改されている(参考URL参照)。

ちなみに、FCIVでの計算方法は以下の通り、
FCIV -sha1 VirtualMachine.ovf

参考URL

Deploying an OVF fails on vCenter Server 5.1/5.5 when VMware tools are installed (2034422)
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2034422

可用性とファイル チェックサム整合性検証ユーティリティの説明(FCIV)
https://support.microsoft.com/kb/841290