2015年2月15日日曜日

Excelで簡易的に棒グラフを作る関数REPT

Excelの小ネタ。「指定した文字列を数字の回数だけ繰り返す」という関数がExcelにあって、REPT関数という。

使い方としては、昔のMS-DOSやLinuxのように文字で棒グラフを作ることに適している。例えば、以下の様なa~eの得点表があるとする。

a80
b20
c31
d64
e100

これをREPT関数を使って、「=REPT("|",B2)」のように入れてやると、、、

a 80 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
b 20 ||||||||||||||||||||
c 31 |||||||||||||||||||||||||||||||
d 64 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
e 100 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

上記の通り"|"文字のグラフで表現でき、数字の差を直感的に把握することができる。