2018年5月26日土曜日

RealtekのNICのドライバーを組み込んだESXi 6.7のカスタムイメージを作成する


2018年4月17にVMwareよりvSphere 6.7が発表された。vSphere 6.5の次期バージョンとなり、7ではなく6.7というバージョンで登場した。

私は自宅の検証環境として、ESXi 6.0を無償ライセンスにて利用している。ESXi 6.7が登場したので、これを機にバージョンアップをすることにした。自宅検証環境は、Realtek 8168のNICが搭載されており、そのままではESXiが認識しないため、NICドライバーを組み込んだカスタムイメージを作成する必要がある。

↓★前回のカスタムイメージ作成の記事
https://tech-mmmm.blogspot.jp/2016/03/shuttle-ds81esxi-60-esxi-custom-image.html

しかし、前回と同様の手順にてRealtekのNICのドライバーを組み込んだカスタムイメージを作成しようとしたが、以下の警告メッセージが表示されてしまった。

------------------------------
警告: The image profile fails validation.  The ISO / Offline Bundle will still be generated but may contain errors and may not boot or be functional.  Errors:
警告:   VIB VFrontDe_bootbank_net51-drivers_1.0.0-1vft.510.0.0.799733 requires vmkapi_2_1_0_0, but the requirement cannot be satisfied within the ImageProfile. However, additional VIB(s) VMware_bootbank_esx-base_5.5.0-0.14.1598313,
VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-3.52.2575044, VMware_bootbank_esx-base_6.0.0-2.37.3825889,
VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-0.5.838463, VMware_bootbank_esx-base_6.0.0-3.57.5050593,

~(中略)~

VMware_bootbank_esx-base_5.1.0-1.12.1065491 from depot can satisfy this requirement.
------------------------------

警告メッセージが出力されるものの、カスタムイメージ自体は作成されたため、インストールできることを期待したのだが、「Operation failed」と表示されインストールに失敗してしまった。


本記事ではこのエラーを解消することを目的として、正常にRealtekのNICのドライバーを組み込んだESXi 6.7のカスタムイメージ作成方法について記載する。

ESXi 6.7に対応したドライバーを入手する

RealtekのESXi用ドライバーは、実は以下サイトからダウンロードできる。

List of currently available ESXi packages
https://vibsdepot.v-front.de/wiki/index.php/List_of_currently_available_ESXi_packages

ESXi 6.7に対応したRealtek 8168のドライバーは以下URLからダウンロードができる。「Direct Download links」より、VIBファイルをダウンロードする。

・ファイル名:net55-r8168-8.045a-napi.x86_64.vib

【注意】
以下は旧バージョンとなり、ESXi 6.7では利用できないので注意。前述した警告メッセージは、このドライバーを組み込もうとしたことが原因となる。
https://vibsdepot.v-front.de/wiki/index.php/Net51-drivers
・ファイル名:net51-drivers-1.1.0-1vft.510.0.0.799733.x86_64.vib

ESXi-Customizer-PSとPowerCLIを入手する

ESXiのカスタムイメージを作成するため、以下2つのツールを入手しておく。

ESXi-Customizer-PS 2.6
https://www.v-front.de/p/esxi-customizer-ps.html
・ファイル名:ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1

PowerCLI 6.5
https://my.vmware.com/jp/group/vmware/details?downloadGroup=PCLI650R1&productId=614
・ファイル名:VMware-PowerCLI-6.5.0-4624819.exe

PowerCLIは、インターネットに接続可能なPC等にあらかじめインストールをしておくこと。ダウンロードしたファイルは、以下フォルダを作成し配置しておこう。

・フォルダ:C:\ESXi-Customizer
 - ファイル名:ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1
 - ファイル名:net55-r8168-8.045a-napi.x86_64.vib

カスタムイメージを作成する

ESXi-Customizer-PSはPowerCLIのスクリプトとなっているが、PowerShellの実行ポリシーを変更しなければ実行できないため、PowerShellにて実行ポリシーの変更を行う。

PS C:\> Set-ExecutionPolicy Unrestricted
------------------------------
実行ポリシーの変更
実行ポリシーは、信頼されていないスクリプトからの保護に役立ちます。実行ポリシーを変更すると、about_Execution_Policiesのヘルプ トピック (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170)で説明されているセキュリティ上の危険にさらされる可能性があります。実行ポリシーを変更しますか?
[Y] はい(Y)  [A] すべて続行(A)  [N] いいえ(N)  [L] すべて無視(L)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "N"): Y   ←★"Y"を入力
------------------------------

これで準備が整った。それでは、カスタムイメージを作成するために、PowerCLIを開き、ESXi-Customizer-PSを実行してみよう。

PowerCLI C:\> cd C:\ESXi-Customizer
PowerCLI C:\ESXi-Customizer> .\ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1 -v67 -pkgDir C:\ESXi-Customizer\
------------------------------
セキュリティ警告
信頼するスクリプトのみを実行してください。インターネットから入手したスクリプトは便利ですが、コンピューターに危害を及ぼす可能性があります。このスクリプトを信頼する場合は、この警告メッセージが表示されないように、Unblock-Fileコマンドレットを使用して、スクリプトの実行を許可してください。C:\ESXi-Customizer\ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1を実行しますか?
[D] 実行しない(D)  [R] 一度だけ実行する(R)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "D"): R   ←★"R"を入力

This is ESXi-Customizer-PS Version 2.6.0 (visit https://ESXi-Customizer-PS.v-front.de for more information!)
(Call with -help for instructions)

Logging to C:\Users\admin\AppData\Local\Temp\2\ESXi-Customizer-PS-1900.log ...

Running with PowerShell version 5.1 and VMware PowerCLI version 6.5.0.2604913

Connecting the VMware ESXi Online depot ... [OK]

Getting Imageprofiles, please wait ... [OK]

Using Imageprofile ESXi-6.7.0-8169922-standard ...
(dated 04/03/2018 22:07:05, AcceptanceLevel: PartnerSupported,
The general availability release of VMware ESXi Server 6.7.0 brings whole new levels of virtualization performance to datacenters and enterprises.)

Loading Offline bundles and VIB files from C:\ESXi-Customizer\ ...
   Loading C:\ESXi-Customizer\net55-r8168-8.045a-napi.x86_64.vib ... [OK]
      Add VIB net55-r8168 8.045a-napi [New AcceptanceLevel: CommunitySupported] [OK, added]   ←★ドライバーが追加された

Exporting the Imageprofile to 'C:\ESXi-Customizer\ESXi-6.7.0-8169922-standard-customized.iso'. Please be patient ...


All done.   ←★途中にエラー等なく「All done.」が表示されればOK。
------------------------------

これで、同一フォルダ内に「ESXi-6.7.0-<ビルド番号>-standard-customized.iso」というカスタムイメージのISOファイルが作成されるはずである。

実際にESXiをインストールして確認してみる

インストール手順の詳細は割愛するが、実際にESXi 6.7をインストールした際のNIC認識状況は以下の通り。



ドライバーが組み込まれ、Realtek 8168のNICが正常に認識できていることが確認できた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿