2018年3月26日月曜日

RaspbianなどのDebian系Linuxのviで、方向キーを使うとABCDが入力されてしまう問題の解消方法

Raspberry Piでviを使う際に、入力モード(i または aを押して文字入力ができる状態)にした際に方向キーで移動しようとすると、ABCDの文字が入力されてしまう。

方向キーと文字の関係は以下の通り。

------------------------------
   A
   |
D -+- C
   |
   B
------------------------------

とても不便なので、通常通り方向キーで移動できるように設定する。

設定は、各ユーザーのホームディレクトリに.vimrcというファイルを作成し、以下2行の設定を書き込んでやればよい。

------------------------------
set nocompatible
set backspace=indent,eol,start
------------------------------

コマンド1行で作りたい場合は、以下の通り実施する。すでに.vimrcがある可能性を考慮して、追記でリダイレクトしている。

$ echo -e "set nocompatible\nset backspace=indent,eol,start" >> ~/.vimrc
$ cat ~/.vimrc
------------------------------
set nocompatible
set backspace=indent,eol,start
------------------------------

これだけで、特に再ログイン等も不要で、次回vi実行時から設定が反映され、入力モードであっても方向キーが使えるようになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿