2015年8月8日土曜日

Windows 7 Proの仮想マシンをWindows 10 Proにアップグレードしてみた

Windows 10はWindows 7やWindows 8のユーザーであれば1年間に限り無償アップロード権がもらえる。先日7/29にとうとうアップグレードの開始日となった。

とはいっても、私のWindows 7とWindows 8.1のPCはどちらもアップグレードの予約用のアイコンが表示されなかったため、何もせず期日を迎えてしまった。アップグレードは予約をしたPCに対し順次開始されるような雰囲気があったが、実際は手動であればいつでも好きなときにアップグレードすることができたので、その手順を記載する。

Windows 10のメディア作成ツールを入手

以下サイトからメディア作成ツールを入手する。32bitと64bitがあるので、現在使っているOSに合わせてダウンロードすればよい。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

アップグレードの開始

メディア作成ツールという名前なので、Windows 10のISOファイルも作成することはできるのだが、このツールが直接OSのアップグレードを実行する機能もある。今回はその機能を使ってみた。

なお、今回自分がアップグレード対象としたのは、Windows 7上のVMware Workstation 11で稼動しているWindows 7。さすがにリリース直後のOSをメインPCにインストールする勇気はでなかった。

さて、メディア作成ツールを起動すると以下画面が出る。ここで「このPCを今すぐアップグレードする」を選択する。
※インストールメディア(ISOも作成可能)を作りたければ、下を選ぶ。


そうすると以下のような遷移で処理が動く。

 ①Windows 10をダウンロードしています (6分)
 ②ダウンロードを検証しています (2分)
 ③Windows 10のメディアを作成しています (14分)
 ④更新プログラムをダウンロードしています (1分)

ちなみに、これはよくない仕様だが、Windows 10にアップグレードできない条件と合致すると、④で止まる。④に到達するまでそこそこ時間を要するので、条件チェックは一番最初にして欲しい。最初1GBのメモリの仮想マシンをアップグレードしようとしたら、以下メッセージで失敗してしましまった。


その後は、ライセンス条項の同意など一般的な内容なので、次へ進んでいけばよく、最終的に「インストールする準備ができました」の画面になる。


インストール

以下のような画面が出てインストールが進んでいく。時間は45分要した。





初回起動

アップグレードが終了すると、初回起動時だけに表示される画面に遷移する。面倒だったので「簡単設定を使う」を選択し終わらせてしまった。




Windows 10の起動とVMware Toolsの再インストール

最終処理が終わると、Windows 10のデスクトップが表示される。



これで通常のPCでのアップグレードは終了だが、VMware仮想環境の場合は、以下を実施する。

 ①仮想マシンをシャットダウン
 ②仮想マシンの設定画面にて「ゲストOS」の項目を「Windows 10 x64」に変更
 ③仮想マシンを起動
 ④VMware Toolsを再インストール

VMware Toolsは、OSのバージョンが変わると、微妙にインストールされるドライバや変更される設定が異なることがあるので、上記を実施している。

なお、上記②の手順について補足だが、VMware Workstation 11には「Windows 10 x64」の選択肢が用意されていた。しかし、ESXiの場合はバージョンによっては表示されないと思うので、アップデートがVMware社から用意されるようであればアップデートする。そうでない場合は、一番近いOS(Windows 8やWindows Server 2012)などを選んで起動することを期待してみるのが良い。
※今回の場合であれば、Windows 7の設定状態でも起動もするし、VMware Toolsも動作した

最後に

これでインストールが完了したので、Windows 10の使い勝手を確認しようと思う。常用できそうであれば、メインPCをWindows 10にアップグレードするつもり。