2016年12月10日土曜日

ESXiの異なるvSwitchをL2で接続する方法

通常実施する必要性は無いと思うが、ESXiのvSwitchをL2で接続して同じブロードキャストドメインのスイッチとして利用する方法。ネットワークOSであるVyOSを利用する。

実現方法

1. VyOSを構築

以下URLよりVyOSのイメージの入手とインストール手順がある。


こちらを参考にVyOSを構築する。仮想マシンのリソースは以下で設定する。

 ・CPU:1コア
 ・メモリ:512MB
 ・ハードディスク:2GB
 ・ネットワークアダプタ:L2で接続するvSwitch
 ・ネットワークアダプタ:L2で接続するもう一方のvSwitch

2. VyOSを設定する

以下の通り設定する。

--------------------------
$ configure
# set interfaces bridge br0
# set interfaces ethernet eth0 bridge-group bridge br0
# set interfaces ethernet eth1 bridge-group bridge br0
# commit
# save
# exit
--------------------------

確認コマンドは以下の通り。

--------------------------
$ sh bridge
bridge name     bridge id                STP enabled     interfaces
br0                 0000.000c29391f00 no                   eth0
                                                                      eth1
--------------------------

3. vSwitchの仮想マシンポートグループを設定

「無差別モード」を「拒否」から「承諾」に変更する。これによって、ポートグループに流れるすべてのフレームをVyOSが受け取れるようにし、L2フレームをvSwitch間で転送できるようになる。